あったか重ね着の秘訣★

こんにちは!ホームドライの山下です。

すっかり寒くなってきましたね。空も冬の気配がします。

 

冬空

私は寒がりなので、これからツライ季節なのですが

ふわふわニットの着こなしが好きなので

ちょっとうれしかったりもします★

 

ところで、これからの季節大活躍のニットですが

重ね着にもちょっとしたコツがあること、

ご存知ですか?

 

ただセーターを着ているだけより、ちょっとしたことで

もっと暖かく感じられるんです!(^^)!

 

暖かさを保つコツ、それは

 

「静止した空気を着ること」

 

人が服を着て快適に感じる温度は、約32度だそうです。

体から出る熱を閉じ込める工夫をしないで

服を適当に着ていると、外気との温度差で皮膚が感じる

表面温度が下がってしまいます。

 

そこで、衣服の中の暖かい空気が逃げないような

重ね着のコツをお伝えします★

 

①肌着が大切!

素肌と肌着の間に余分な空気が入ると、熱が逃げやすくなってしまいます。

フィット感のある伸縮性に富んだ肌着がおすすめ。

・・・これって、まさにヒートテックがぴったりですね★

(ユニクロの回し者ではありません~)

heat

ちなみに、ヒートテックがほかの肌着より暖かいのは

人がかいた汗を熱に変換させ、

(汗などの水蒸気がもつエネルギーを熱エネルギーに変換する)

その熱で体を温めて

また新たにかいた汗を熱に変換させる

という事を繰り返し行っているからです。

(相当、ザックリ言いました・・・スミマセン!)

 

②空気の層を増やす素材を重ねる

セーターなど、繊維と繊維の間にたくさん空気を含むものは

それだけ空気の層を厚くしてくれるので暖かく感じます。

さらっとした素材のセーターより、モヘアなどのふわもこ素材のほうがオススメ。

セーター2

 

③清潔な服を着る

服の繊維に汚れが付着していると

空気を含む力や熱伝導率がグッと下がってしまいます。

見た目が悪いうえに寒く感じるなんて、最悪・・・(T_T)

 

肌着は毎日きれいにお洗濯して、

ニットはドライクリーニングで

皮脂汚れまできれいに落として、

暖かい重ね着を実践してくださいね★

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ